Grace Bank

Grace Bank(グレイスバンク)は、「女性が願うあらゆるライフプランが社会的制約なく叶えられる未来の創出」をミッションに、女性の医学的機能や妊孕性についての啓発活動を行いながら、みなさまに安心してご利用いただける「選択的卵子凍結」のプラットフォームを整備していきます。 ​
+10

生理ナプキンの新星、オーガストの魅力

ナプキンやタンポン、生理用品を巡る動きは、米国ではここ5年ほど加速しています。オーガニックのコットンを使ったナプキンや、プラスチックを減らして、エコに配慮したも…

+3

私の体験から生まれた、卵子凍結「コンシェルジュ」

「卵子凍結」は、気になるけれど、やはりまだわからないことが多すぎる。 どこで良いクリニックを見つけたらいいのか?どれくらいの金額がかかるの?将来の妊娠までの成功…

+8

27年の眠りから覚めた赤ちゃん

2020年10月26日、アメリカ南部のテネシー州で一人の女の子が生まれました。 名前は、モリー・ギブソンちゃん。 一見、普通の女の子の赤ちゃんに見えますが、彼女の誕生は…

+6

卵子凍結、お金の心配減らします。新星「フューチャー・ファミリー」の実力

卵子凍結を考える女性にとって、かかる「お金」は大きなハードルです。 アメリカの女性たちにとってもそれは同じ、簡単に手が届くようなものではありません。 アメリカで…

+12

小田原靖院長インタビュー|目指すのはチキンファクトリーじゃない。気持ちを大切にする場所だ(後編)

6組に1組が不妊治療を受けると言われる日本。 妊活や不妊治療の現場の医師たちは、どんな想いを持って最前線に立っているのでしょうか。 「ファティリティクリニック東京…

+10

小田原靖院長インタビュー|今の常識が「非常識」だった時代を切り開いた(前編)

6組に1組が不妊治療を受けると言われる日本。 妊活や不妊治療の現場の医師たちは、どんな想いを持って最前線に立っているのでしょうか。 普段は語られることがない、ドク…