【開催報告!】3/3(水)外資系コンサルティングファームでセミナーを開催しました!
見出し画像

【開催報告!】3/3(水)外資系コンサルティングファームでセミナーを開催しました!

外資系コンサルティングファームにて、卵子に関するセミナーを実施

国際女性デーを控えた2021年3月3日(水)に、外資系コンサルティングファームの社員の方々向けに「意外と知らない卵子の話」というテーマでセミナーを開催しました。

当日は、体外受精・不妊治療専門クリニック「はなおかIVFクリニック品川」の花岡正智院長、フリーアナウンサーの宇賀なつみさんが、生理や妊娠にまつわる話から、不妊治療や卵子凍結まで、女性の医学的機能に関する基礎知識を社員の方にお話しました。

スライド3


不妊治療専門クリニックの院長が語る卵子に関する医学的知識を分かりやすく解説

女性の社会進出、晩婚化に伴い、著しい少子化を迎える日本。「年齢とともに卵子が老化する、妊娠率が下がる」 という情報がマスメディアなどで発信され、「将来自分は子どもを産めるのだろうか。」 と不安を感じている女性は少なくありません。

当日は、卵子凍結のみならず、
・年齢と共に妊娠率はどれくらい低下するのか?
・卵子の老化はいつからどうして起こるのか?
・年齢を重ねた時に安全な妊娠・出産を迎えるためにどのような準備をすればいいのか?
・卵子凍結にはどんな意味があるのか?
など、多くの女性が関心を抱きながらも、なかなか聞くことのできない疑問を、花岡院長から伺いました。

スライド26


時間延長するほど白熱したセミナーに
今回セミナーを実施した企業の社員数は約3,000人。ランチタイムにセミナーを実施したにも関わらず、約250名もの社員の方が参加してくださいました。セミナー後の質疑応答には、「ピルの長期服用(10年以上)は、その後の妊娠に影響はありますか?」、「卵子は何年くらい凍結でき、どのくらい費用がかかるのでしょうか?」「採卵の際、卵管や子宮などを傷つけてしまう例など発生することはありますか?」など、多くの質問が寄せられました。充実した内容のセミナーは、参加者からの評価も高く、終了後には、管理職研修等や新入社員研修での実施についても打診を受けました。


スライド27


卵子凍結セミナーを会社で開催しませんか?

将来の妊娠・出産を考える女性に「選択的卵子凍結・保存サービス」を提供するGrace Bankでは、女性の医学的機能を理解し向き合う社会の実現を目指して、今後も無償セミナーを実施していきます。あなたが働く会社でも、卵子凍結セミナーを実施してみませんか?卵子凍結に関する情報だけでなく、キャリアプランやライフステージごとの身体との向き合い方など、女性が自分の身体と上手に付き合うためのヒントをお話しさせていただきます。企業でのセミナー開催にご関心のある方は、お気軽に「info@gracebank.jp」までご連絡ください。

画像4


Grace Bank(グレイスバンク)は、「女性が願うあらゆるライフプランが社会的制約なく叶えられる未来の創出」をミッションに、女性の医学的機能や妊孕性についての啓発活動を行いながら、みなさまに安心してご利用いただける「選択的卵子凍結」のプラットフォームを整備していきます。 ​