両角院長インタビュー|「会計士になって」という父を説得して選んだ道(前編)
見出し画像

両角院長インタビュー|「会計士になって」という父を説得して選んだ道(前編)

6組に1組が不妊治療を受けると言われる日本。

妊活や不妊治療の現場の医師たちは、どんな想いを持って最前線に立っているのでしょうか。

普段は語られることがない、ドクターのパーソナルストーリー、第三話(前編、中編後編)は、両角レディースクリニックの両角和人(もろずみ・かずと)院長です。

父親に反対された末に医師の道を選び、今では魂を入れた治療を行うことをモットーにする両角医師。

高い技術を追い求めることはあたり前。技術とともに、患者にどう寄り添えるのかこそが重要──。両角流「理想のドクター像」を、院長自ら熱く語ります。

画像1

両角和人
1972年 福島県福島市に生まれる。1998年、福島県立医科大学産婦人科学講座入局。2004年から2年半ハワイ大学の柳町隆造教授のもとに留学し、顕微授精に関する研究を行う。2005年、福島県立医科大学医学部大学院卒業。2012年に銀座に両角レディースクリニックを開業する。

父が進路に反対

医師になろうと思ったのは高校のベストフレンドの影響でした。

親友の鈴木君が毎日、毎日「医者になりたい」と話していたのです。私は最初、文系を目指していたのですが、だんだん医師になりたいと刷り込まれました(笑)。

画像2

その一方で、私の父は、私に会計士になってほしいと考えていました。

父としては一生かけてやってきたことを、子どもにもやってほしいという思いがあったんですね。医師をしている友人に「医者は、本当にやりがいのある職業なのかな?」と相談していました。父の中では大きな葛藤があったようです。

でも、最終的には応援してくれて、医学部に合格した時は本当に喜んでくれました。

そして、私の進路を図らずとも決定した鈴木君も、同じ福島県立医科大に入学し、今は耳鼻科の講師をしています。

画像3

強烈な衝撃

医学部4年生の後半から、臨床実習が始まります。1〜2週間ごとに小さなグループで様々な課を回るのですが、スタートは産婦人科でした。そこの講師が、なんとも強烈でした。

夜中に、子宮外妊娠をした患者さんが運び込まれてきたことがありました。出血してひどい状態だったところに、担当の医師が颯爽と現れたのです。

驚いたのは、今の私では当たり前のことですが、医師が目の前で死にそうだった人を適切に処置して、何事もなく帰宅したことでした。医師というのはこういうことができるのだと、非常に印象に残ったのです。

画像4

その次の日には、子宮がんの末期患者の方の手術に入ることになりました。学生の私は、医師の隣に立って経過を見ていました。この患者さんは、残念ながら、がんを全て摘出するには至りませんでした。

手術は中止することになったのです。すると、医師がこう言いました。

「ここを見て、がんが残っているだろう」と。「これは摘出不可能だ」と医師は悔しそうに漏らしたのです。

その後、患者さんの夫と子どもにお会いして、申し訳ないけれどがんが取りきれない状況だとお話ししました。家族はその話を泣きながら聞いていました。

私はそれを見て、ただ驚き、圧倒されていました。これも医師という職業の一部なのだと、強烈な印象を受けたのです。

画像5

生命の神秘を目撃

驚きは、まだ続きます。翌週には、生殖医療のチームに配属されました。産婦人科で不妊治療をするのは、今は当たり前ですが、私が学生だった1990年代は、産婦人科で体外受精や顕微授精は、ほとんどやっていませんでした。

私が在籍した福島医大は1994年、日本で初めて顕微授精を取り入れ、子どもが誕生した病院です。全国から、福島医大に多くの医師が視察に来ていました。

私が実習で回ったのが1995年。まさに、顕微授精の最先端を目の前で見ることができました。顕微鏡で、精子と卵子が受精する瞬間を見させてもらったのです。

画像6

「これはすごい!」と感動しました。今では培養師がやっている部分ですが、当時は医師がやっていたのです。これらの強烈な衝撃をいくつも体験し、産婦人科の医師になろうと決めました。

「入魂」を教えたメンター

様々な医師との出会いがあって、今の自分が作られているのですが、医療の現場で尊敬しているのは、木場公園クリニックの吉田淳院長先生です。

これがまた強烈な先生です(笑)

男性不妊について学びたくて、半年ほど勉強をさせてもらいました。驚いたのは、吉田先生が魂を込めて診療をする姿です。

受精卵を子宮に移植する時に、シリンジを使って子宮に押し込むのですが、押し込んだ際に親指に残る「シリンジ痕」をよく見せてきました。

「わかるか、これ。ここに魂がこもっているんだ!」と。わざわざ見せなくても、とも思いましたが(笑)

ここで吉田先生が伝えたかったのは、移植は技術だけでなく、心を込めてやるものだということでした。

画像7

医師は科学者であると同時に、患者に寄り添って魂を込めて移植をするべきだということを、吉田先生から学んだのです。

それまでは、科学的な論拠以外は信じず、「気合い」などは関係ないと思っていました。しかし今では、移植の後に心の中で、「うまくいきますように」とお祈りをしています。

科学的な根拠はありませんが、ここは神頼みというか、気持ちをちゃんと「入魂」することが大切だと感じるのです。 

*次回の中編は、生殖分野の世界的権威から学んだ一言についてお伝えします。

画像8


Grace Bank(グレイスバンク)は、「女性が願うあらゆるライフプランが社会的制約なく叶えられる未来の創出」をミッションに、女性の医学的機能や妊孕性についての啓発活動を行いながら、みなさまに安心してご利用いただける「選択的卵子凍結」のプラットフォームを整備していきます。 ​